toggle
2017-08-22

【はづき数秘術】「運命数:3」の有名人を調べてみました

今回は「子どものように無邪気で天真爛漫な」タイプの「運命数:3」です。

はづき数秘術では、「宿命数」「運命数」「使命数」「天命数」と4つの数字を扱います。

「宿命数」はその人がもともと持っている基本的な性格や特徴を表すのに対して、「運命数」は「宿命数」という土台の上に積み重なる「第二の人格」となります。

「宿命数」1~9の有名人をピックアップしていきましたが、今度は「運命数」の1~9、11,22,33についても調べてみようと思います。

「運命数」の計算方法

「運命数」は西暦19xx年x月x日という、年月日の数字を全て一桁ずつ足した数で出します。
それをさらに、1桁になるまで足し算します。
※ただし、マスターナンバーとなる「11」「22」「33」になった場合は、一桁にする必要はなくこのままの数字をみます。

 

【例】2017年1月1日生まれの方
2+0+1+7+1+1=12
ここで出た12をさらに一桁に 1+2=3  となり、運命数は「3」となります。

 

※「運命数」は、他の書籍などでは「エンジェルナンバー」や「軌道数」などと呼び方が違っている場合があります。
はづき数秘術では「運命数」と呼んでいます。


「運命数:3」の有名人

「運命数」は「宿命数」の次に来る数字なので、「運命数」が同じ数字でも「宿命数」が違うと印象が違うハズ。
・・・ということで、「宿命数」のパターンが違う「運命数:3」の有名人をピックアップしてみます。

「宿命数:1」で「運命数:3」

  • 坂上 忍(1967年6月1日)
  • 新庄 剛志(1972年1月28日)
  • 松任谷 由実(1954年1月19日)
  • 藤井 聡太(2002年7月19日)

「宿命数:2」で「運命数:3」

  • 竹野内 豊(1971年1月2日)
  • IKKO(1962年1月20日)
  • 紀里谷 和明(1968年4月20日)

「宿命数:3」で「運命数:3」

  • 小林 麻央(1982年7月21日)
  • 仲間 由紀恵(1979年10月30日)
  • 蛯原 友里(1979年10月3日)

「宿命数:4」で「運命数:3」

  • 阿部 寛(1964年6月22日)
  • 織田 裕二(1967年12月13日)
  • 有吉 弘行(1974年5月31日)

「宿命数:5」で「運命数:3」

  • 宮崎 駿(1941年1月5日)
  • 久米 宏(1944年7月14日)
  • JUJU(1976年2月14日)

「宿命数:6」で「運命数:3」

  • 宮沢 りえ(1973年4月6日)
  • 三浦 大知(1987年8月24日)
  • 小池 百合子(1952年7月15日)

「宿命数:7」で「運命数:3」

  • MISIA(1978年7月7日)
  • 山﨑 賢人(1994年9月7日)
  • 生田 斗真(1984年10月7日)

「宿命数:8」で「運命数:3」

  • 天海 祐希(1967年8月8日)
  • 蒼井 優(1985年8月17日)
  • 東野 幸治(1967年8月8日)

「宿命数:9」で「運命数:3」

  • 横山 やすし(1944年3月18日)
  • 郷 ひろみ(1955年10月18日)
  • 名取 裕子(1957年8月18日)

「宿命数:11」で「運命数:3」

  • YOU(1964年8月29日)
  • 伊勢谷 友介(1976年5月29日)
  • 岡村 孝子(1962年1月29日)

 

「3」という数字は、子どものように無邪気で天真爛漫なタイプ。
周囲を明るい雰囲気にしてくれるムードメーカーです。
ユニークな発想でアイディア豊富なので企画力があります。


同じ「運命数:3」でも、「宿命数」が違うと印象が違ってきます。
「宿命数:3」「運命数:3」のグループは、「3」の要素が2つ重なっているので、かわいらしい癒し系な印象があります。

先日お亡くなりになった小林 麻央さんも「宿命数:3」「運命数:3」でした。


私が仕事関連で会った方で、全く別人なのに同じように感じる人が2人いました。
ずっとなぜだろう?と思っていたのですが・・・。
今回「はづき数秘術」で見てみると、二人とも「宿命数:5」「運命数:3」と同じで、Web関係のお仕事でポジションは違いますが、多くの人を相手に自分のオリジナリティあふれる世界を上手く表現されている方でした。

こうして見ると「宿命数」・「運命数」の組み合わせで印象や行動が似てくるので、初めてお会いする方でもお誕生日の数字が分かるだけで理解しやすくなって便利だと思いました。

 

数秒の足し算だけで、似た雰囲気の人のナゾさえも読み解ける・・・。
「はづき数秘術」は面白いです!

詳しい内容は、「数秘術鑑定」・はづき数秘術「マスターコース」でお伝えしています。

 

はづき数秘術については、こちらをご覧ください。

 
【関連記事】


<広告>
関連記事