toggle
2017-08-04

【はづき数秘術】「運命数:1」の有名人を調べてみました

はづき数秘術では、「宿命数」「運命数」「使命数」「天命数」と4つの数字を扱います。

「宿命数」はその人がもともと持っている基本的な性格や特徴を表すのに対して、「運命数」は「宿命数」という土台の上に積み重なる「第二の人格」となります。

「宿命数」1~9の有名人をピックアップしていきましたが、今度は「運命数」の1~9、11,22,33についても調べてみようと思います。
・・・ということで、まずは「運命数:1」から。

「運命数」の計算方法

「運命数」は西暦19xx年x月x日という、年月日の数字を全て一桁ずつ足した数で出します。
それをさらに、1桁になるまで足し算します。
※ただし、マスターナンバーとなる「11」「22」「33」になった場合は、一桁にする必要はなくこのままの数字をみます。

 

【例】2017年1月1日生まれの方
2+0+1+7+1+1=12
ここで出た12をさらに一桁に 1+2=3  となり、運命数は「3」となります。

 

※「運命数」は、他の書籍などでは「エンジェルナンバー」や「軌道数」などと呼び方が違っている場合があります。
はづき数秘術では「運命数」と呼んでいます。


「運命数:1」の有名人

「運命数」は「宿命数」の次に来る数字なので、「運命数」が同じ数字でも「宿命数」が違うと印象が違うハズ。
・・・ということで、「宿命数」のパターンが違う「運命数:1」の有名人をピックアップしてみます。

「宿命数:1」で「運命数:1」

  • 小澤 征爾(1935年9月1日)
  • 明石家 さんま(1955年7月1日)
  • 近藤 真彦(1964年7月19日)

「宿命数:2」で「運命数:1」

  • 劇団ひとり(1977年2月2日)
  • 志村 けん(1950年2月20日)
  • 浜崎 あゆみ(1978年10月2日)

「宿命数:3」で「運命数:1」

  • 岩下 志麻(1941年1月3日)
  • 満島 ひかり(1985年11月30日)
  • 唐沢 寿明(1963年6月3日)

「宿命数:4」で「運命数:1」

  • 小泉 今日子(1966年2月4日)
  • aiko(1975年11月22日)
  • 益若 つばさ(1985年10月13日)

「宿命数:5」で「運命数:1」

  • 三浦 春馬(1990年4月5日)
  • 上戸 彩(1985年9月14日)
  • 小泉 進次郎(1981年4月14日)

「宿命数:6」で「運命数:1」

  • スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日)
  • やなせ たかし(1919年2月6日)
  • 哀川 翔(1961年5月24日)

「宿命数:7」で「運命数:1」

  • 桐谷 美玲(1989年12月16日)
  • クリス・ハート(1984年8月25日)
  • 小林 武史(1959年6月7日)

「宿命数:8」で「運命数:1」

  • マツコ・デラックス(1972年10月26日)
  • 平井 堅(1972年1月17日)
  • 桜井 和寿(1970年3月8日)

「宿命数:9」で「運命数:1」

  • 草なぎ 剛(1974年7月9日)
  • 徳永 英明(1961年2月27日)
  • 絢香(1987年12月18日)

「宿命数:11」で「運命数:1」

  • 浜口 京子(1978年1月11日)
  • 保阪 尚希(1967年12月11日)
  • 宮崎 美子(1958年12月11日)

 

「1」という数字は、男性性の強く明るく元気な「リーダー」となります。
しかし、「宿命数」「運命数」の数字の組み合わせで、同じ「運命数:1」でも「宿命数」の数字が違うだけで、同じ「運命数」?って思えるグループがあります。

例えば、「宿命数:1」で「運命数:1」というと「1」が2つもあるのでとても強い印象に見えます。
「宿命数:9」で「運命数:1」となると「9」もリーダーの数字なのに「1」とは全く違って落ち着いた感じになります。

 

持って生まれた「宿命数」に「運命数」という人生のルートを辿ることで、「使命数」に向かっていくのですが、時期は「運命数」の違いで変わります。

詳しい内容は、「数秘術鑑定」・はづき数秘術「マスターコース」でお伝えしています。

 

はづき数秘術については、こちらをご覧ください。

 

【関連記事】


良かったらシェアをお願いします^^
「元氣にな~れ」Line

イベントや講座などの情報をお知らせします。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
<広告>
関連記事