toggle
2019-07-22

【ことだま鑑定】「ふ」のつくお名前

「お名前」の新しい姓名判断法である「ことだま鑑定」をより深めてみたいと思い、1音ずつご紹介します。

今回は「ふ」について書いてみたいと思います。


「ふ」

度量の広い癒し系


「ふ」のシンボル

風車

風向きによって、柔軟に対応を変えていく様子を
「かざくるま」であらわしました。


大きな特徴

度量が広い。癒し系。打たれ強い。
何事も「ふーん」と受け流し、風の吹くまま、気の向くまま。


「ふ」から始めるお名前の例

ふきこ、ふさえ、ふたば、ふみこ、ふみや、ふゆみ…など。


メッセージ

「ふ」のつくお名前の方は、浄化系。
風のように「ふ~ん」と流して、大人の対応ができます。

私が鑑定した中での気付き

私がお会いした「ふ」の方は、受け流すことがとても上手です。
分け隔てなく、受け入れる力もあります。
空気を読んで、人のサポートが得意です。


「ふ」の他に続く音によっても、少しずつ印象が変わります。鑑定の際には、その部分も一緒にお伝えしています。



【私の体験から】

私の祖母は「ふ」から始まる名前です。
私が子どもの頃、「親が自転車を買ってくれない!」と、祖母に訴えたことがありました。
祖母は、私の話を最後まで聞いてくれて、「確かに小学生にもなったら、自転車は当たり前だよね~」と言ってくれました。

その後、母が祖母に「自転車は危ないから、買うのは反対だ!」と言っているところで、私は偶然聞いてしまったのです。
・・・で、その時の祖母も「ふ~ん」と母の話を最後まで聞いて、「危ないもんね~」と言い、話を締めくくっていました。

結局。祖母は双方の話を「上手く流している」だけ、ということが小学生だった私に理解できました。
その後、相談事は祖父に。聞き流して欲しい話題を祖母に・・・と振り分ける術を覚えました。

祖母は空気を読む人なので、「気持ちも言わなくても察して欲しい」というところがあり、90歳を過ぎ・・・なかなか大変になってくる一面も持っています。



上記以外にも、「特徴」「開運のコツ」、「火・水・風・地・空(くう)」の5つのエレメント、「直観的・論理的・行動派・思考派」などのあなたの得意分野のポジションなど、実際の鑑定では詳しくお伝えしています。






「ことだま鑑定®」について、さらに詳しく知りたい方は「一般社団法人ことだま協会」サイトをご覧ください。

全国にも素敵な「ことだま鑑定師」の方がたくさんいらっしゃいます。
あなたのお名前の音から、幸せへと導くメッセージをぜひ受け取ってみてください。


関連ページ


こちらもオススメ


良かったらシェアをお願いします^^
関連記事