toggle
2019-02-28

【はづき数秘術】「使命数」は努力目標。

先日、「自分の使命を知りたい、見つけたい」と言われる、40代の女性にお会いしました。
なかなか見つからなくて、とても悩まれているようでした。

今回は、「はづき数秘術」での「使命数」について書いてみたいと思います。


この記事の目次

  • 使命数とは
  • 使命数は「努力目標」
  • 私が感じたこと


使命数とは

「はづき数秘術」では、生年月日の「月」と「日」を足したものを、「使命数」と呼んでいます。
「チャレンジナンバー」「未来」という呼び方も、数秘術を知っている方はしているかもしれません。

「使命数」について、以前書いた記事を参考記事としますので、よろしければこちらもご覧ください。
【参考記事】【はづき数秘術】使命数とは?


「使命数」は努力目標

「使命数」の数字は、その方にとって苦手分野だと感じることが多いようです。
生まれる前にその方が「努力目標」として掲げてくるのが「使命数」となります。

しかし、逆にそこに意識があるから「苦手」と感じるのでは?と、最近よく思うようになりました。
意識していなかったら、「苦手」だとは思わないですものね。


自分らしくイキイキと進まれている方は、まだ「使命数」を活かす時期ではないのにも関わらず、「使命数」の要素を醸し出しているなぁと感じることがあります。

しっかりと努力目標に向かっている証拠なのでしょう。


私が感じたこと

そこで冒頭の、「使命がなかなか見つからなくてお悩み」という方のお話に戻ります。

その方は「ライフフローチャート」で見ると、「運命期(運命数を活かす時期)」真っ只中の時期にいました。
「使命数」を活かす時期は、「運命数」を活かしきった後に来ます。


「使命」というのは「はい、これが使命です!」って、簡単に言うようなものではないと思います。
自分の人生をしっかり生きている中で、「あ、これが私の使命なのかも?!」と自然に感じるものではないでしょうか?

まだまだずっと先を見つめるより、今ココを見つめてできることを精一杯やった中で、ある時ふっと自分の中から湧き上がるような感じで見つけるような気がします。


なので、「使命が見つからなくて、悩む」よりも前に、今できることを楽しんでやってみることをオススメしています。

案外、ふっと身体の力を抜いてリラックスしたとき、自然に目の前に見つけることができそうな気がします。


それでも、数秘術の上での設定してきた努力目標「使命数」のことを知りたい・・・という方には、
マスタコース」という数秘術の講座や、鑑定でお伝えいたします。

今ココにないもので悩むよりも、知るときっとスッキリすると思います。



2019年3月13日(水)より、北九州市小倉北区室町にサロンをオープンすることになりました。
これからさまざまな講座や鑑定を、同じ志を持つ仲間と一緒にしていきます。

【お知らせ】2019年3月サロンを北九州市小倉北区にオープンします!


参考記事


良かったらシェアをお願いします^^
「元氣にな~れ」Line

イベントや講座などの情報をお知らせします。

Line講座や鑑定のちょっとしたお問い合わせもできます。
(講座の正式なお申し込みは、お申込みページからお願いします)


Line
<広告>
関連記事