MENU
「元氣にな~れ」Line

ここだけ情報も発信しています。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
数秘術鑑定・講座

あなたのウリ、 特徴、強みから「人生のシナリオ」や、周囲の方との関係までまる分かり!
あなたの「生まれた日」に隠された暗号を読み解きます!
オンライン(Zoom)で「数秘術」を学ぶことができます。(ご希望の日程で受講も可能です)
詳しく見る >

【「わたし」を知る数秘】オンライン講座・セッション実施中!

【わたしを知る数秘】あなたが設定したゴールの姿「憧れ数」は人生の努力目標。

先日、「自分の使命を知りたい、見つけたい」と言われる、40代の女性にお会いしました。
なかなか見つからなくて、とても悩まれているようでした。

こうしたお悩みがある年齢に達すると急に湧き出てきます。
それは、これからあなたが自分らしく生きていくために、魂をプッシュしているような時期でもあったりします。

そのためには、自分のことを知ること。

今回は、あなたが生まれる前に選んだ「人生のゴール」を表す数字である「憧れ数」について書いてみたいと思います。

この数字はいきなり活用することはできませんが、知っておくと「未来」のあなたの姿が見つかるかもしれません。

目次

「憧れ数」とは

「わたしを知る数秘」では、生年月日の「月」と「日」を足したものを、「憧れ数」と呼んでいます。

「はづき数秘術」では、「使命数」と呼んでいました。
他に「チャレンジナンバー」「未来」という呼び方も、数秘術を知っている方はしているかもしれません。

\「憧れ数」についての参考記事です/

「憧れ数」は努力目標

「憧れ数」の数字は、その方にとって苦手分野だと感じることが多いようです。
生まれる前にその方が「努力目標」として掲げてくるのが「憧れ数」となります。

しかし、逆にそこに意識があるから「苦手」と感じるのでは?と、最近よく思うようになりました。
意識していなかったら、「苦手」だとは思わないですものね。

自分らしくイキイキと進まれている方は、まだ「憧れ数」を活かす時期ではないのにも関わらず、「憧れ数」の要素を醸し出しているなぁと感じることがあります。

しっかりと努力目標に向かっている証拠なのでしょう。

私が感じたこと

そこで冒頭の、「使命がなかなか見つからなくてお悩み」という方のお話に戻ります。

その方の運気の波を見てみると、大きな変化の時期の真っ只中にいました。
ここからこの方の人生が面白くなっていくポイントに、今いらっしゃることがわかりました。

今の悩みも、前に進ませるための起爆剤と言えます。
ここから真の「自分らしさ」や、「何をしたいのか」を見つけていくことでしょう。


「憧れ数」を活かす時期は、「導き数」を活かしきった後に来ます。

「使命」というのは「はい、これが使命です!」って、簡単に言うようなものではないと思います。
自分の人生をしっかり生きている中で、「あ、これが私の使命なのかも?!」と自然に感じるものではないでしょうか?

まだまだずっと先を見つめるより、今ココを見つめてできることを精一杯やった中で、ある時ふっと自分の中から湧き上がるような感じで見つけるような気がします。

なので、「使命が見つからなくて、悩む」よりも前に、今できることを楽しんでやってみることをオススメしています。

案外、ふっと身体の力を抜いてリラックスしたとき、自然に目の前に見つけることができそうな気がします。

それでも、数秘術の上での設定してきた努力目標「憧れ数」のことを知りたい・・・という方には、
【わたしを知る数秘】の講座や、鑑定でお伝えいたします。

今ココにないもので悩むよりも、知るときっとスッキリすると思います。

より詳しく知りたい方は・・・

あなたが設定してきた人生のシナリオを読み解き、より豊かな人生にしてみませんか?

あなたや気になる方の数字をより詳しく知りたい場合は、「数秘術鑑定」や「数秘術講座」などでお伝えしています。

単純な足し算なのに、意外と深い数字の世界。
一緒に体験してみませんか?

あなたのタイミングでお気軽にお声かけくださいね。

\ 数秘術がはじめての方からご受講いただいています /

\ 講座よりもオンライン鑑定をお受けになりたい方は /

あなたの心のモヤモヤを解き放ってみませんか?

あなたが自分ひとりの心の中に溜め込んだ想い。
そろそろ重たくなってきていませんか?

ほんのひととき、オンラインでお話して、重たい想いを解き放ってみるのはいかがでしょう?

「数秘術」から、もしかしたらヒントを得るかもしれません。
お気軽にご相談くださいね。

メールからのお問い合わせ

確実にメールをお受け取りできるメールアドレスでお問い合わせをお願いいたします。
(GmailやYahooなどのメールアドレスがオススメです)

LINEからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせの場合は、以下のボタンからお友達登録をしていただき、その後にメッセージをくださいね。

\ LINEからお問い合わせができます /

Line

関連記事

オススメの関連記事をご紹介します。
よかったら、こちらの記事もどうぞご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる