MENU
「元氣にな~れ」Line

ここだけ情報も発信しています。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
数秘術鑑定・講座

あなたのウリ、 特徴、強みから「人生のシナリオ」や、周囲の方との関係までまる分かり!
あなたの「生まれた日」に隠された暗号を読み解きます!
オンライン(Zoom)で「数秘術」を学ぶことができます。(ご希望の日程で受講も可能です)
詳しく見る >

【わたしを知る数秘】オンライン講座 「数秘術」のプロを育成中!

【運を拓く本】世界中の強運者はみんな知っている「運の本質」

今年になって、私が気になるのは【運】。⁡

同じ運気でも、地を這うような状態なのか、⁡
多少下がっても他の人とより幸運なのか・・・。

数秘術で「運気の波」はわかるけれど、自分自身の運の器がどの程度なのかは分からない。

「運」って何だろう?⁡
上げるにはどうすれば良いのだろう。⁡

そこで今日は「運」について最近出版された本をご紹介します。⁡

目次

この本の特徴・印象

  • 【著者】崔燎平
  • 【発売日】2024年3月11日
  • 【出版社】永岡書店
  • 【単行本】256ページ
目次
  • はじめに/ザルと器のはなし
  • 第1章 /占いをやってわかったこと
  • 第2章 /愛の意味を知っていますか?
  • 第3章 /「先祖供養」の重要性
  • 第4章 /「信仰心」が教えてくれたこと
  • 第5章 /感謝って、何だろう?
  • 第6章 /自分の持っている能力を限界突破する強運者たち

この本の感想

生まれ持ったものは変えられないけど、⁡「運」は自分で変えられる。⁡
⁡「運」を強くしたいと思っていた⁡著者が得た答えは?!⁡

著者の師匠と先生から、鍛えられ、少しずつ悟っていく。
若かりし著者が開運アドバイザーになるまでの話が書かれています。⁡

毎日トイレ掃除をしたり、運がよくなる行動をしても、それは一滴の雫のようなもの。⁡

ちゃんと「器」があれば、いつかは溜まっていく。
しかし、ザルな器だと何しても効果はない。

では、器を持てるようになるには?
これは、私がずっと知りたいことでした。

著者は「占い」を活用しています。⁡
⁡占いは予言ではなく、天気予報のようなものだと言います。

占いで分かるのは全体のたった1%くらい。⁡
⁡人は運命の99%を自分で決めることができる。

その99%の運命をこれからどうやって生きていくのか、そのきっかけを伝えるのが占いをやる人の使命。⁡
・・・占いを活用している立場なので、身が引き締まる思いです!

人は自分が決めた通りの人間になる。夢に対する思いの強さが実現、達成する運を引き寄せる。⁡

思いを馳せる時間のが長いか短いか。⁡
そして、思いの強さの力が必要。⁡

「運」は、手っ取り早く手に入れるものではなく、地道な自らの思いや行動、そして感謝・・・。

簡単な開運方法ではないけれど、⁡
シンプルで深い教えがたくさん書かれていました。⁡

開運グッズを買うより、本書を読んで自分に問う方が開運するかも?と思いました。
他力本願よりは、自分ができるところから取り組むことが大切だと思えました。

「願いこと」「祈りこと」は思わずごっちゃになってしまいますが、全然意味が違うものでした。

「叶えごと」⁡
努力すれば自分の力で何とかできること。⁡
自分の実力に見合ったことを、自分の力で叶えていく。⁡

「願いごと」⁡
自分の力ではどうにもできないこと。⁡
世界平和など、自分一人だけの力ですべてを救うことができないから願うこと。⁡


「祈りごと」⁡
感謝の気持ちを伝えること。⁡

世界中の強運者はみんな知っている「運の本質」より一部抜粋

感謝は溜まっていき、いずれは溢れる瞬間がくる。⁡
助けたいものの、守りたいものの枠が広がれば、広がるほど器がデカくなる。

⁡自分の能力の限界突破をして、世界中の人々に夢や希望を与える・・・。⁡

何のためにこの命を使うのか。⁡
何のためにお金を稼ぎたいのか。⁡
それを何のために使いたいのか。

世界中の強運者はみんな知っている「運の本質」より一部抜粋

生まれてきてから死ぬ間際までが勉強。⁡
生まれてきてから死ぬ間際までが青春。⁡
生まれてきてから死ぬ間際までが成長。⁡

世界中の強運者はみんな知っている「運の本質」より一部抜粋

「運」の器を広げるということは、⁡たくさんの人と共に生き、⁡常に感謝を忘れずに大志を抱くこと。⁡
⁡それは無欲になることでもなく、⁡すべてのエネルギーを有効に活用すること⁡なのだと分かりました。⁡

「開運したい」「運を良くしたい」と思われる方には、ぜひ手に取ってもらいたい1冊です。

Aamazon・楽天で見たい方はこちら

以下にリンクを張りましたので、もし興味のある方はAmazon・楽天でご覧ください。

関連書籍

この本の内容に近いと思われる本をご紹介します。

「数秘術」に関するここだけ情報をお届けしています!

ブログやSNSには書けない「数秘術」のウラ話なども「ココだけ」情報を書いてます!
合わないな〜と思われる方は、いつでも登録解除は可能です。

お問い合わせ

メールからのお問い合わせ

確実にメールをお受け取りできるメールアドレスでお問い合わせをお願いいたします。
(GmailやYahooなどのメールアドレスがオススメです)

LINEからのお問い合わせ

LINEをしています。お問い合わせやご質問など、1対1でお気軽にメッセージをしていただけます。
以下からお友達登録をしてみてくださいね。

\ LINEからお問い合わせができます /

Line

\現在募集中の「数秘」グループ勉強会/

通常の数秘術講座の部分的なテーマを楽しむ時間。
より深く「数秘」を感じる勉強会を定期的に開催します。

今回は・・・ 「カルマナンバー(カルミックナンバー)」を検証する勉強会を開催します!

YouTubeで数秘を楽しく読みます!【5月31日】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次