MENU
「元氣にな~れ」Line

ここだけ情報も発信しています。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
数秘術鑑定・講座

あなたのウリ、 特徴、強みから「人生のシナリオ」や、周囲の方との関係までまる分かり!
あなたの「生まれた日」に隠された暗号を読み解きます!
オンライン(Zoom)で「数秘術」を学ぶことができます。(ご希望の日程で受講も可能です)
詳しく見る >

随時、数秘術講座・オンライン鑑定・メール鑑定のご予約を受付中です!

【はづき数秘術】「使命数5」のあなたへ

はづき数秘術では、「宿命数」「運命数」「使命数」「天命数」と4つの数字を扱います。

「使命数」は、今生で達成するために掲げてきた努力目標の数字です。あなたの苦手分野とも言えます。
人生の目標なので、知らず知らずのうちに意識している部分でもあります。

今回は、「使命数5」についてご紹介します。

実は、私は「使命数5」。
そして私の身近な人に「使命数5」が多いです!一緒に目的地に向かう同志なのかも。。。


目次

この記事の目次

  • 「使命数」とは?
  • 「使命数5」とは?
  • 「使命数5」のあなたへ
  • 参考記事


「使命数」とは?

「はづき数秘術」では、生年月日の「月」と「日」を足したものを、「使命数」と呼んでいます。
「チャレンジナンバー」「未来数」という呼び方も、数秘術を知っている方はしているかもしれません。


元々持って生まれた「宿命数」、その上に重ねて経験する「運命数」を活かしたあとに、「使命数」を果たす時期がきます。
そのため、60歳前後~の人生の後半生でやっと登場するのです。

今生の人生で目指している数字なので、まだ時期でもないのに意識して果たそうとすると・・・上手くいかなくなる原因にもなりかねません。
「宿命数」「運命数」を活かす方が先なのです。


しかし、自分の生まれてきた意味を知りたい。
人生のゴール地点を知りたい。
・・・という方や、人生の後半生になってそろそろ・・・という方のために、「使命数」について書いていきます。


使命数の計算方法

【例】12月20日生まれの方
1+2+2+0=「5」
使命数は「5」となります。

※2桁の場合は1桁ずつ足し算しますが、「11」の場合はそのまま採用。



「使命数5」とは?

月と日を足して、「5」になった方。
今生の目標は「自由と変化を追い求め、コミュニケーター役に挑戦する」です。


「5」のカンタンな解説

苦手意識があったり、とても気になるポイントが「5」の要素となります。

「5」は「2」の女性性と「3」の男性性が統合された「五体」「五本の指」「五感」「五臓」などに象徴される、「人間」そのものを表す数字。

そこから人間の特性である、「自由」「変化」「行動力」「コミュニケーション」「直感力」などを意味します。
とても動きのある数字です。

【参考記事】【はづき数秘術】数字「5」のカタチからイメージする


私のところに、鑑定や講座受講でいらっしゃる「使命数5」のひとの特徴

  • 人との距離感をうまく掴めない
  • 気を許した限られた人だけでいいと思う
  • 安定思考、変化を怖れる、慎重派
  • 自由にしたい、自由でありたい

※数字の組み合わせによって、多少印象に違いがあります。


「使命数5」のあなたへ

私が感じる「使命数5」の方は、わりと慎重なタイプが多いです。
人との距離感も、ちょっと捉え難いところがあります。

知らない人とたくさんいるより、少なくても心を許せる人がいれば、それで満足。
でも、それでは世界が広がらない・・・。

安定した世界は退屈。
どこか自由に飛び出してみたい・・・。
そんな魂の欲求が「使命数5」に出ているのではないでしょうか。


苦手だから、チャレンジする「使命数」・・・。
しかし、今の時代は「使命数5」にとってチャレンジしやすい気がします。

身近にスマホがあって、日頃からネットの世界に触れています。
距離を感じさせないこのツールは、遠い世界の人との心の距離もグッと縮めてくれます。


あなたの「宿命数」「運命数」の個性をしっかり活かしたとき、あなたが人と繋がるポイントが見つかります。

慎重なあなたが、自由に羽ばたく世界が、実はとても身近にあったと気が付きます。

そうなれば、どんな変化をも恐れずに・・・。
きっと人と人、人と情報を繋ぐコミュニケーターになれるかもしれません。

・・・と「使命数5」を実感中の私が、この記事を書いています。





参考記事

福岡・北九州、そしてオンラインで鑑定や講座を開催しています。
気になる方は、ご覧いただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる