toggle
2020-03-11

【はづき数秘術】22日生まれの「宿命数」は?

「生まれた日」にあなたという星を輝かせる「暗号」が隠されています。
「生まれた日」のことを知ることは、あなたを知ることにも繋がります。

今回は、「22日生まれ」について書いてみたいと思います。


この記事の目次

  • 生まれた日から分かること
  • 22日生まれの「宿命数」は?
  • 22日生まれのあなたへ


生まれた日から分かること

「はづき数秘術」では、「生まれた日」を1桁になるまで足した数字を「宿命数」と呼んでいます。
ただし、「11」になった場合(11日生まれ・29日生まれ)は、「11」を採用します。

「宿命数」からは、もともとその人が持って生まれた基本的な個性・才能がわかります。
「宿命数」の才能は、当たり前に自然と使えるものです。

この「宿命数」は、人生のベースになる部分をも表しています。

【参考】【はづき数秘術】宿命数とは?(まとめ)


22日生まれの「宿命数」は?

では、22日生まれは?
「宿命数」は「22」ではなく、「4」となります。

「宿命数11」は、11日生まれと29日生まれがあるので、グループとなります。
しかし、「宿命数22」にするとしたら、該当するのは22日生まれだけなので、グループになりません。

・・・ということで、22日生まれは「宿命数4」なのです。


22日生まれのあなたへ

「22」は、カリスマの数字と言われています。

「マスター数」と呼ばれる神聖な数字で、「時間」と「空間」の全てを象徴し、「宇宙の理」を表すスケールの大きな数字。
「宇宙全体を統括する」という意味があるので、「4」の「全体をキチンと治める」の適応範囲が宇宙にまで及んだということになります。

この「22」を輝かすには・・・。
実は「4」の要素がとても大事なのです。

「4」の堅実さやコツコツと積み上げカタチに残す…ということをしてみて、はじめて「22」の「カリスマ」を活かすことができます。
この「22」のパワーは、海外でも通用するほどです。

まずは「22」よりも、「4」を意識してみましょう。
「4」ができたとき、「22」を活かせるときが来ます!


22日生まれの有名人

PNの横の数字は、「宿命数」-「運命数」-「使命数」/「天命数」となります。

  • 都 はるみ (1948年2月22日生まれ):PN 4-1-6/2
  • aiko (1975年11月22日生まれ):PN 4-1-6/2
  • 阿部 寛 (1964年6月22日生まれ):PN 4-3-1/8
  • 室井 滋 (1960年10月22日生まれ):PN 4-3-5/3
  • 佐々木 主浩 (1968年2月22日生まれ):PN 4-3-6/4
  • タモリ (1945年8月22日生まれ):PN 4-4-3/2
  • 内村 光良 (1964年7月22日生まれ):PN 4-4-11/1
  • 大竹 まこと (1949年5月22日生まれ):PN 4-5-9/9
  • イチロー (1973年10月22日生まれ):PN 4-7-5/7
  • 原 辰徳 (1958年7月22日生まれ):PN 4-7-11/4
  • 森 公美子 (1959年7月22日生まれ):PN 4-8-11/5
  • 菅野 美穂 (1977年8月22日生まれ):PN 4-9-3/7
  • 中田 英寿 (1977年1月22日生まれ):PN 4-11-5/2
  • 石橋 貴明 (1961年10月22日生まれ):PN 4-22-5/4
  • 北島 康介 (1982年9月22日生まれ):PN 4-33-4/5

あなたの気になる有名人は、上記の中にいましたか?

私が思う「22日生まれ」って何だか濃い!パワー強そう!!です。
とてもしっかりした方が多いです。

持って生まれたカリスマ性を、22日生まれの方にはぜひ活かして欲しいと思います。


福岡市・北九州市で「数秘術講座」や「数秘術鑑定」をしています。
気になる方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。


関連ページ・記事


お問い合わせについて

お問い合わせは、以下のボタンからお願いいたします。

※お友達登録をしていただけると、Lineからもお問い合わせを受付できます。

お問い合わせをする ►


良かったらシェアをお願いします^^
関連記事