toggle
2017-06-10

「シンキングボール」による音響セラピーに参加しました


以前から興味があった「シンキングボール」のセラピーに参加できました。
とても気持ち良い時間を過ごせましたので、参加メモです。


【開催日】2017年6月8~10日(満月の時の開催)
【場所】門司煉瓦麦酒館

門司駅周辺

門司は、北九州市の中でも観光地の1つです。
レトロな建物がたくさんあり、思わず写真と撮ってしまいたくなる場所がたくさんあります。

今回のイベントはJR門司駅近くの「門司煉瓦麦酒館」で開催されたので、周辺をゆっくり散策もしてみました。



シンキングボール

奏者は、れもんの木の久子さん。
集まった人の波動で、毎回シンキングボールの演奏が変わるそうです。

私はドラムを習い始めてもうすぐ14年になります。ドラムも同じセットでも奏者によって音色が違うので、シンキングボールもそういうところがあるのかもしれないと思いました。


約1時間のセッションですが、演奏を聞いている間は好きな体制で数人が同じ部屋で過ごします。
途中、他の方の寝息が聞こえた程、とてもやすらぐ時間でした。
時折シンキングボールの音の波動が、体に伝わってくるのを感じました。

始まる前に少し頭が疲れていたのですが、セラピーが終わってしばらくしてスッキリ治っていることに驚きました。


先日参加させていただいた「TSURUcafe」さんでのイベントでご一緒させていただいたご縁で、今回のイベントを教えてもらい、参加することができて良かったです。

いつかは、自分でシンキングボールの演奏をしてみたいな・・・と密かに思っています。


同じ建物の下では、「台湾茶とアジアンノット展示」というものがあり、そこでされていた「言の葉カード」を引かせてもらいました。

数秘術の鑑定の際に使用している「チャネリングカード」の数字が、漢字1文字になったようなカードで、私に対してのメッセージを受け取るというものでした。

「宇」という文字が気になりましたが、意味を調べると「大きなやねの下。天地四方。」という意味があるということでした。
宇宙と繋がっているという解釈や、広い範囲という解釈もあるのかもしれないと思いました。

結果を見ていて、ほぼほぼ仕事に関する言葉だなぁと笑えました。
他の人の結果を横から見てみたけど、全然違って面白い!


まったりとした週末の午後のひとときを過ごせました~。


<広告>
関連記事