toggle
2018-05-30

【ソウルプラン】22個のシンボル(6~10)

「ソウルプラン」には22個のマークのようなシンボルがあります。実際の鑑定でもお見せするシンボルとなります。

今回は、「ソウルプラン」の22個のシンボルのうち、6~10番目を簡単にご紹介します。


この記事の目次

  • 6~10のシンボルを簡単にご紹介
  • 個人メモ
  • 関連する記事


6~10のシンボルを簡単にご紹介

1つ1つ細かな意味がありますが、今回は簡単な紹介です。詳しい内容は、「ソウルプランリーディング」で個人鑑定をした時にお伝えする予定です。

シンボル6(6-6)・・・思考と創造性[右腎]

種から芽が出たようなカタチ。クリエイティブ、想像力というような意味があります。
このシンボルがチャレンジにあると、アイディアが浮かびすぎてフラストレーションがたまるという傾向もあります

ポジティブに機能する特質

非常にクリエイティブ、芸術的にもビジネスでも。想像力のある、包容力のある、順応性のある、並はずれた集中力、真実を選別し見極める能力

起こりうるチャレンジ

強情、頑固、力(パワー・権力)についての強迫観念、フラストレーション、孤立、怒りの問題、働きすぎ、ストレス、焦点が合ってない、散漫な、燃え尽きる危険性

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル7(7-7)・・・統合-結束、魅力(磁力的な惹きつける力)、行動[左足]

鎖が繋がっているイメージ。磁力のような魅力で人を惹きつけることができる。
ご商売では業種関係なく、このシンボルがあると良いとされています。

ポジティブに機能する特質

魅力的、触媒的、論理的、隠し立てのない、感情・気持ちをはっきりと表現する、多才で順応性がある、優れたネットワーカー

起こりうるチャレンジ

引きこもりがち、関与しない、疑い深い、支配的、優柔不断、統合されていない、実体のないもの(影の部分)の否定、空想にふけりがち、左足の問題(人生に深く関わることへの抵抗)

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル8(8-8)・・・地球-感情と社会[視覚]

アメーバのようなカタチ。とても地球的なエネルギー。とても順応性がある。このシンボルが多いとエンパス的な素質があると言われる

ポジティブに機能する特質

社会への適応性、感情的知性、感受性が強い、人材の育成、地に足がついている、透視能力者(人の本心などを見抜く)

起こりうるチャレンジ

非常に地に足がついていない、頭から抜け出せない、ここに在ることへの抵抗、現実逃避、過度に分析的、コミットすることを恐れる、手放すこと

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル9(9-9)・・・パワー-調停(平和をつくる)と保護[聴覚]

へびのようなカタチ。強いエネルギー。パワーの問題

ポジティブに機能する特質

強さ、安定、自分を信じる、調停者、興味を引き付ける、保護されている、伝達する(チャネル)、ヒーラー、整然としている、霊的聴覚能力者(クレアオーディエンス)

起こりうるチャレンジ

無力化、疑い深い、スピリチュアルなこととの断絶、パワーの遮断、パワーの誤用・悪用、支配的、自身のチャネルを信じない、犠牲者心理、非常に大げさ、腎臓の問題、自身にとって何が真実か、自分で見極められない

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル10(10-1)・・・具現化の潜在能力-奉仕の手を差し伸べる[左手]

このシンボルがたくさんの人は、今生が最後の転生かもしれないという、とても高い振動数を持ったシンボル。現実世界にあった場合もスピリチュアル要素が強め

ポジティブに機能する特質

高い振動数、男性性・女性性の陰陽バランス、優れたヒーラー、パワー、独創的、声の表現、多才なスピリチュアルな能力、伝達する(チャネル)、奉仕を具現化する潜在能力

起こりうるチャレンジ

スピリチュアリティの否定、非常に批判的な、自己嫌悪、完全主義者、孤独、不安定、スピリチュアルな世界で自己を確立するために努力する必要性がある(かなり頑張ってワークをする必要がある)

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


参考書籍です↓

ソウルプラン(魂の計画): あなたの名前は運命の暗号だった (スピリチュアル・セミナー・ブック)

新品価格
¥2,160から
(2018/5/22 01:33時点)


個人メモ

アルファベットの名前を計算し、それぞれの場所にどんなシンボルが来るかで、どんなバイブレーションを持っているのかを見ることができます。

場所によっての意味合いの違いなどは「ソウルプランリーディング」で個人鑑定をした時に1つずつご説明します。


一桁のシンボルは「ダブルナンバー」と言い、二桁のシンボルは「コンビネーションナンバー」という言い方をします。
今回ご紹介した10-1場合は「コンビネーションナンバー」となります。
お名前の中に同じシンボルが複数ある場合もあって、その偏り具合なども見ています。

まだまだ私のデータベースとしてのサンプル数が少ないので、これからの新たな気付きは少しずつココに書き足していく予定です。


関連するページ・記事


<広告>
関連記事