toggle
2018-05-22

【ソウルプラン】22個のシンボル(1~5)

「ソウルプラン」には22個のマークのようなシンボルがあります。

今回は、「ソウルプラン」の22個のシンボルのうち、1~5番目を簡単にご紹介します。


この記事の目次

  • 1~5のシンボルを簡単にご紹介
  • 個人メモ
  • 関連する記事


1~5のシンボルを簡単にご紹介

1つ1つ細かな意味がありますが、今回は簡単な紹介です。詳しい内容は、「ソウルプランリーディング」で個人鑑定をした時にお伝えする予定です。

シンボル1(1-1)・・・統一と安定-高いヒーリングの周波数、連動する力[胸郭]

くの字が2つ重なったようなカタチ。互いに引っ張れば引っ張るほどしっかり安定される、そんなシンボルのカタチ。
とても周波数の高いシンボルです。

ポジティブに機能する特質

安定性、統合、スピリチュアルなパワー、ヒーリング能力(大天使ミカエルの周波数)、教えることと演説の能力、変革・改革させる力がある、慈善家。

起こりうるチャレンジ

力の誤用・悪用、無慈悲、スピリット(精神・霊魂)の否定、強迫観念、強迫的欲求、認識できる分離、クラウン(頭頂部)のブロック(遮断・閉鎖)

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル2(2-2)・・・知恵とサポート-右目、レジリエンス・弾力性(回復力・耐性)、二元性[右目]

バネのカタチ。バネの乗ってる感じ。弾力性があって打たれ強い。高いところから俯瞰して見ることができる。
私が鑑定した方でこのシンボルがある方は、波に乗るとバネに乗ったように一気に飛躍されている感じがします。

ポジティブに機能する特質

タフで跳ね返す弾力性がある(回復力)、客観的視点と知恵、強い共感、感情移入、愛情あふれる、思いやりがある、状況をより広い視野で見る能力、男性的エネルギーと女性的エネルギーの融合における双対性

起こりうるチャレンジ

知恵と愚かさにおける教訓・チャレンジ、過敏、不安定、意欲の欠如、自信喪失mアレルギーの傾向、女性的エネルギーの不均衡

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル3(3-3)・・・表現とコミュニケーション-知識の奥深さ[右耳]

管のようなカタチ。外側は厚い、内側にエネルキーパターン。表現に関する意味がとても深いです。

ポジティブに機能する特質

表現力豊か、素晴らしいコミュニケーター、教えるバイブレーション、クリエイティブ、リーダー、直観的、深い知識と感情、慈善家のエネルギー

起こりうるチャレンジ

富と貧困のレッスン、自尊心の問題、自信の欠如、隠すこと、どん底で喪失感を味わう、うぬぼれが強くエゴイスティック、人のいうことを聞かない、攻撃的、性的不安定

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル4(4-4)・・・豊穣の豊かさ-再生・複製のエネルギー[右鼻孔]

無限に同じ聖杯があるカタチ(複製・再生・豊かさ)。肥沃と不毛。

ポジティブに機能する特質

非常にポジティブ、明るい、非常に知的、豊かな、寛大、受け取った情報を正確に再現できる、サイキックな嗅覚

起こりうるチャレンジ

波乱万丈、自信の欠如、猜疑心、孤立、見捨てられるというシナリオ、自己陶酔・自己中心的、富と豊穣の問題

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


シンボル5(5-5)・・・スピリットと自由-思考、スピーチ、行動[右足]

胎児のようなカタチ。エーテル的、スピリットな存在なので、窮屈な身体に魂を押し込まれた感覚になったりも。具体的でない抽象的な言葉で理解ができる

ポジティブに機能する特質

先駆的、スピリチュアル的に心を開いている、直観的、非常に明瞭な表現力、洞察力がある、クリエイティブ

起こりうるチャレンジ

過敏、フワフワ・地に足がついてない、適応が困難、人を操る(直観の誤用・悪用)、虐待の被害者、右足の問題(前進)

ソウルプラン-魂の計画-より一部抜粋


参考書籍です↓

ソウルプラン(魂の計画): あなたの名前は運命の暗号だった (スピリチュアル・セミナー・ブック)

新品価格
¥2,160から
(2018/5/22 01:33時点)


個人メモ

アルファベットの名前を計算し、それぞれの場所にどんなシンボルが来るかで、どんなバイブレーションを持っているのかを見ることができます。

場所によっての意味合いの違いなどは「ソウルプランリーディング」で個人鑑定をした時に1つずつご説明します。


今回は一桁の数字のシンボルなので、比較的よく鑑定の中で見かけます。

まだまだ私の中でサンプル数が少ないので、これからの新たな気付きは少しずつココに書き足していく予定です。


関連するページ・記事


良かったらシェアをお願いします^^
「元氣にな~れ」Line

イベントや講座などの情報をお知らせします。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
<広告>
関連記事