toggle
2016-09-20

「はづき数秘術」入門講座に参加しました


以前から気になっていた「数秘術」の講座が福岡で開催されましたので、参加してみました。
数字にも、波動があるそうで・・・とても興味深い内容でした。


多くの書籍を執筆されている、はづき虹映氏による2時間の講座。
占いという分類かな?と思っていたけれど、「カバラ数秘術」をベースに「統計学」「心理学」「成功哲学」など独自の手法で数字を読み解き、占いとはまた少し違った感覚のものでした。

講座内容

  1. 数字は文字だった
  2. 生れた日にウリ
  3. 2016年とはどういう年

実際のタイトルはちょっと違ったかもですが・・・だいたいこんな感じ。


数字は文字だった

あなたは自分の意志でその日を選んで生まれてきた。生まれた日の数字にあなたという程を輝かすための暗号が隠されている→人生のシナリオ・設計図が読み解ける!

すべての数字は単なる数字ではなく、ひとつひとつの意味を持つ文字だった。

例えば・・・

  • お金・預金通帳
  • ルームナンバー→数字でその部屋の波動が決まっている。
  • 時計・時刻→目に入る数字でメッセージ
  • 車のナンバー
  • 電話番号


生れた日にウリ

まずは、ひとつひとつの数字の意味。カタチの由来の説明がありました。
その後、「入門講座」ということで、宿命数(生れた日を1桁に足したもの)の数字の説明がありました。

「宿命数」は人生のベースになる数字で、生れてから28歳(30歳位)まで影響があるとのことでした。

ワークで、周囲の席の方と第一印象を聞いておいて、その後「宿命数」を調べて再度第一印象と実際を比べてみるということをしました。
偶然にも私と同じ数字グループの方が多く、話が合って面白かったです!


2016年とはどういう年

9年サイクルでひと区切り。すると、その9年間のテーマが分かるというもの。
1999年~2007年が「1」の時代の最後、2008年~2016年が「2」の時代の最初で転換期になるとのこと。
「1」は男性性の時代、「2」は女性性の時代(協調・調和・バランス・分裂・背徳・裏切り)で「1」の時代で隠れていたものが表に出るとのこと。

「隠れていたものが表に出る」は、今年に入って芸能人のゴシップだけでもたくさんあって盛り上がったのを思い出しました。


2017年からまた新たなサイクルが始まります。
2016年10月から2017年の波動に移行されていくそうです。

※2017年からのお話は、『2017年の運命の波にのるワンディセミナー』で説明されていました。
このブログでも、セミナー参加記事を私の個人的記録として書いています。
『2017年の運命の波にのるワンディセミナー』in福岡に参加しました


参加してみての感想

1桁に単純に足し算するだけなのでとても分かりやすいし、その数字の意味を知るだけで今までとは違った受け止め方ができるのが面白かったです。

講座自体は2時間であっという間でしたが、とてもテンポよく講義されて、楽しい雰囲気となるほど!の満足感を最後まで得ることができました。
もっと知りたい!と思ったところで、また今度!となる部分がちょっとニクイ演出だったかな(笑)
しかし、身近にある様々な数字からのメッセージを理解することができ、参加して良かったなと思っています。

また参加して、もっと深く学んでみたいです。

※この後、はづき数秘術マスター講座・認定講師養成コースを受講してます。この分の個人的なメモ記事を書いています。
【福岡開催】はづき数秘術マスター講座に参加しました
「はづき数秘術アカデミー」認定講師養成コース(1・2日目)受講しました


【追記】
2017年5月に「はづき数秘術アカデミー」の認定講師・アドバイザーとなりました。
現在は、北九州・福岡で「はづき数秘術」の講座を開講・鑑定をしております。



<広告>
関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。