MENU
「元氣にな~れ」Line

ここだけ情報も発信しています。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
数秘術鑑定・講座

あなたのウリ、 特徴、強みから「人生のシナリオ」や、周囲の方との関係までまる分かり!
あなたの「生まれた日」に隠された暗号を読み解きます!
オンライン(Zoom)で「数秘術」を学ぶことができます。(ご希望の日程で受講も可能です)
詳しく見る >

【「わたし」を知る数秘】オンライン講座・セッション実施中!

【わたしを知る数秘】数字の陰陽・性別・バランスについて

数字には、「陰」と「陽」があります。
また「男性」と「女性」という性別もあります。

それぞれの数字の個性を一目でわかる図解にし、その人がどんなポジションに強みを持っているのか・・・。
これを知ることができるのが「ポジションマップ」です。

数字のバランスをみて、その人の個性・気質・強みを知ると、人との関わり方やお仕事の選び方も随分変わってくると思います。

違うポジションで苦労するよりも、自分の個性が活かしやすいポジションにいた方が自然に自分らしく生きていけます。
知らないよりは、知っていた方が断然良いものです。

この「ポジションマップ」を見つめるのは、「あなた」という原石を見つける作業でもあります。
あなたにあった磨き方をすれば、キラキラと輝かせることができます。

「わたしを知る数秘」の講座やセッションで説明している内容でもありますが、今回少し取り上げてみたいと思います。

目次

数字の「陰」と「陽」

1~9までの数字には、「陰」と「陽」があります。
まず参考に以下の図をご覧ください。

「ポジションマップ」

この図は、私の数秘術講座の「アドバンスクラス」で出てくる「ポジションマップ」というものです。

  • 陽(1,3,5,8)・・・エネルギーが外に出ている、社交的な気質
  • 陰(2,4,7,9)・・・エネルギーが内に向かってる、内向的な気質
  • 中庸(6)・・・どちらの要素も持っている

※11,22,33は、一桁にした数字と同じポジションになります。

それぞれの数字の意味がありますが、「陰」「陽」が分かるとシンプルな「思考パターン・気質」を掴むことができます。

\この講座で「ポジションマップ」を学べます/

数字の性別

さて、数字の性別。
これは単純に、「奇数」と「偶数」で見ます。

  • 男性・・・奇数 (さっぱりしている、割り切れない)
  • 女性・・・偶数 (ウエット、割り切れる)

ここでの性別は、実際の性別とは違います。
実際に女性の方で男性気質な数字(奇数)をたくさんお持ちの場合は、さっぱりとして勢いがある男性的な要素があるというように見ます。

鑑定をするときに見ていること

生年月日から割り出される数字が、どの部分に偏っているのか(バランス)を先にみています。

数字に良い・悪いはありませんが、どこのその人の特徴が強く出ているのかをざっくり俯瞰して見るのです。
そんなときに、「ポジションマップ」はとてもわかりやすく視覚化してくれます。

ここでわかるのは、だいたい以下のような感じです。

  • 数字がどのエリアに偏っているのか (縦・横・斜めでの偏り)
  • 固まっているエリアから、陰陽のどちらが強いのか
  • 全く数字がないエリアがどんな感じなのか

エリアの偏り

縦・横・斜めのどの位置に偏りがあるのかを見ます。
ここで、その人の気質・心地の良いポジションが見えてきます。

3つの数字の個性の強弱が、とてもハッキリするからです。

思いついて行動に移すまでの流れ、自分軸・相手軸など、数字の偏り具合で違いがあります。
それはその人の個性そのもの。行動パターンがハッキリします。

お仕事をするとき、家族関係の中など、人間関係でこの「ポジションマップ」は役に立ちます。
無理なく自然に自分を活かせるポイントがあり、他の人との関係性も見えます。

しかし、相性の判断はハッキリとは断言できません。
それはその人自身が、相手に対して甘え過ぎるとどんなに分かり合える数字だったとしても、壊れることがあるからです。

実際の「数秘術セッション」の中でも、この「ポジションマップ」は使用しています。

これがあると、単なる数字の羅列よりは一目でその人の特徴を理解しやすいので、「数秘術」を知らない人にも説明がしやすいです。

偏りがある場合、ない場合。
どちらもその人の個性です。良い悪いは、決してありません。

みんな違って、みんな良いのです。
それぞれの個性を認めることで、生き易くなるし、楽になります。
数字に対してジャッジするのではなく、「理解する」だけで良いのです。

\こちらの記事もオススメです/

より詳しく知りたい方は・・・

あなたや気になる方の数字をより詳しく知りたい場合は、「数秘術鑑定」や「数秘術講座」などでお伝えしています。

単純な足し算だけなのに、意外と深い数字の世界。
一緒に体験してみませんか?

お問い合わせ・ご質問はこちら

「数秘」のセッションや講座に興味がある方、また何かご質問がある方はお気軽にメッセージをくださいね。

メールからのお問い合わせ

確実にメールをお受け取りできるメールアドレスでお問い合わせをお願いいたします。
(GmailやYahooなどのメールアドレスがオススメです)

LINEからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせの場合は、以下のボタンからお友達登録をしていただき、その後にメッセージをくださいね。

\ LINEからお問い合わせができます /

Line

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次