MENU
「元氣にな~れ」Line

ここだけ情報も発信しています。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line
数秘術鑑定・講座

あなたのウリ、 特徴、強みから「人生のシナリオ」や、周囲の方との関係までまる分かり!
あなたの「生まれた日」に隠された暗号を読み解きます!
オンライン(Zoom)で「数秘術」を学ぶことができます。(ご希望の日程で受講も可能です)
詳しく見る >

只今、サイトリニューアル中のため、ページ内の情報も整備中です

ベテラン占い師さんに教えてもらった効果的な占い方「命術」・「朴術」・「相術」の活用のススメ

私が「数秘術」を学び終わった時、あるイベント会場で、ベテランの占い師の方にアドバイスされました。
「数秘術の他に、カード系と名前を勉強するといいよ・・・」と。

それがどういうことなのか、しばらくして理解することができました。

一般的に「占い」と呼ばれるものには、大きく分けて「命術」・「卜術」・「相術」の3つがあります。
これらを組み合わせてみることで、知りたい情報を補ったり深めたりできます。

「命」「卜」「相」のそれぞれを最低1つずつ身につけておくと、深い鑑定ができる。
(占いを学ぶなら「命」ばかりなどのように同じ種類を複数より、種類が違うものを選ぶ。)

ベテランの占い師さんは、これを簡単に私に伝えてくださったのでした。

そんなワケで、これから「占いを学びたい」「占い師になりたい」というのために、私がベテランの占い師さんに言われて「命」「卜」「相」の占いを学んでみてどうだったのか、私の体験を交えてお伝えします。

目次

「占い」の3つの種類

東洋では、もともと「東洋五術」「命・卜・相・医・山」と言われるものが占いだったそうです。

また、本来の「占い」は「卜術」のことを示していたそうです。

現代では、「命・卜・相」が「占い」として一般的になっています。
この「命・卜・相」のそれぞれの特徴と違いは、以下となります。

命術(めいじゅつ)

生年月日や生まれた時間、生まれた場所などの情報をもとに、その人の個性や人生の流れなどを長期スパンでみることができる。生年月日などの情報が変わらない限り、ずっと情報が変わることがない。

運気の流れからその時期の過ごし方などを前もって知ることができ、先の行動計画を立てられるようになる。

  • 数秘術
  • 西洋占星術
  • 九星気学
  • 四柱推命
  • 紫微斗数 など

卜術(ぼくじゅつ)

その時の瞬間の状態を知るもの。現在のその人や関わる人の心の状態や、ヒントを得ることができる。
心の持ち方の変化、行動の変化ですぐに結果が変わる。失せ物探しなども有効なものも。
長期を占うのには向いていない。

  • タロットカード
  • 易 など

相術(そうじゅつ)

形などからの吉凶で判断する。相が変化すれば事象が変わるので、長期で占うには向いていない。
自分でコントロールすることができる。(環境を整える、手に欲しい線を書くなど)

  • 手相・人相
  • 家相・風水
  • 姓名判断 など

効果的に鑑定をするために

どれか1つの占術だけでも鑑定できますが・・・。

ある人の持って生まれた個性や才能、運気の波など人生のシナリオを知りたい場合は、「命術」。
しかし、その人の奥深くの中にある心理や、気になる相手の状態などをみたいときは、「卜術」。
場合によっては家相や風水などコントロール可能な「相術」も活用すると、かなり幅広い鑑定ができますね。

私は、ベテランの占い師さんに言われ、すぐに「カード」セッション(卜術)を追加し、気になっていた「名前」(相術)の勉強を東京まで行ったのでした。

結果的に、いろんなタイプのお客さまのご相談に応じることが、比較的自然にできるようになりました。

例えば、「命術」を活用した鑑定にいらしたお客さまが心からの声があんまり出ず、もう少しその方の心理的な部分を掘りたい時には、カードなど「卜術」を活用します。

すると、その方にピッタリなメッセージが出るのです。
ご本人が気づいていなかった潜在的なお悩みがハッキリとして、目が急に輝きを取り戻したかのようになっていきます。

家族のことに囚われて、自分のことを全く見ていなかった方が、カードの言葉にハッと我に返ったようになったのでした。
この状態になると、「命術」の内容もすんなり入っていきます。


私のところに来られる方に多いのは、これから開業しようという方。
その場合は、「数秘術」で時期を読み、「ソウルプラン」でその方の生誕時の名前とバイブレーションが合う「屋号」の鑑定をします。

この場合は、他に学んでいる占術や暦なども考慮して、最終的にはお客さまにご自身の未来を選択していただきます。

こんな風に、複数の占術を組み合わせることで、深い鑑定にすることができるのです。

古くから伝えられてきた知恵が、ずっと残っているのは意味がある。
1つの占術で平面に見えていた人が、他の視点を増やすことで立体になって見えてくる。

それは1つの占術を学んだからこそ、複数視点の面白さを実感することができるのです。

学んでも終わることのない・・・とても深くて面白い「運命学」の学びの旅。
あんまりにも学ぶことが面白くなってしまい、終わりがなくなっているとも言えますが・・・。

まとめ

私がかつてベテランの占い師さんに教えていただいたこと。
現在、私が数秘術のプロを育成する講座「認定講師養成コース」の中でもお伝えしています。

ベテラン占い師さんにアドバイスされたこと

  • 占いの種類は大きく分けて3つで、「命術」「卜術」「相術」
  • それぞれの種類によって違いがあるので、使い分けると良い
  • 「命術」「卜術」「相術」のそれぞれ、最低1つずつをマスターすると深い鑑定ができる。

「はづき数秘術」を学ぶなら・・・

はづき数秘術のテキスト

はじめて「占い」に触れる方には、「数秘術」がオススメです。
習得期間が短く、それでいて手軽なのに意外と深くまで読み解けるコミュニケーションツール。

人だけでなく、ペットも、車のナンバーや携帯番号などなど・・・。
数字があるものから、全てメッセージを受け取れるようになります。

ご自身のために、または気になる人のために。
知っておくと一生活用できる知恵なのです。

「数秘術」を学んだ後で、「タロット」や「西洋占星術」などを学ぶと、数字の繋がりから理解できることもあります。

「数秘術」を短期間でしっかり学ぶには、「はづき数秘術」がオススメです。
全国に認定講師がいますので、お近くの気になる講師から学ぶことができます。

もちろん、私もオンラインや福岡・北九州で講座を開講しています。
ご希望のタイミングで講座を設定することも可能です。

学びたいタイミングが、学ぶチャンスのとき。
学びの一歩を踏み出してみませんか?

はづき数秘術アカデミー

お問い合わせ・ご質問

この記事に関するご感想・お問い合わせ、「数秘術講座」に関するご質問は、メールフォームもしくはLINEからお気軽にメッセージください。

LINEからのお問い合わせは、「お友達追加」後にメッセージをくださいね。

Line

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる