書籍紹介

【読書録】オンラインでの「伝え方」 ココが違います!

オンラインがあっという間に浸透し、ミーティングやセミナーなどでZoomなどを活用する機会が増えました。

しかし、今までの対面の時と同様のままでは、オンラインでは「伝わりにくい」こともあります。

オンラインは「リアルの代替」ではなく、オンラインならではの「伝え方」があると本書には書かれています。

元NHKキャスターの目線から、オンラインでの「伝え方」を解説した本書。
早速、読んでみたいと思います。

この記事の目次

  1. この本の概要
  2. 私の心に響いたところ
  3. この本を読んでみての感想

1.この本の概要

  • 【著者】矢野 香
  • 【発売日】2020年10月23日
  • 【出版社】すばる舎
  • 【単行本】256ページ

【オンラインでの「伝え方」 ココが違います!】の内容をざっくり、引用も含めながらご紹介したいと思います。

これからのオンライン時代。たとえ、直接は一度も会ったこともない相手でも「オンラインで信頼を勝ち取る伝え方」ができれば、それは武器になります。

オンラインでの伝え方のルールやノウハウを紹介し、できるだけ簡単に出来るようになっていただくこと。そして、あなたにオンライン世界でも活躍していただくこと。それが本書の狙いです。

時代を読むことに長けた感度の鋭いエグゼクティブやリーダーの方々は、すでに本書でお伝えしている「オンライン時代の新常識」を学び、会得され、目覚ましい成果を出されています。

ぜひ、あなたも必要な場面に応じて本書を開き、「オンラインでの伝え方」をどんどん試してください。次に成功を手にするのは、あなたです!

【オンラインでの「伝え方」 ココが違います!】より一部抜粋

本書に書かれている内容

オンラインとリアルの伝え方には、知っておくべき「ルールの違い」があるそうです。この違いを知っておくことは、オンライン時代の「新常識」。
本書には、この新しい「常識」がわかりやすく解説されています。

オンラインに切り替わることで、以下の7つのポイントが変わるそうです。

オンラインの特性を知り、相手により良い状態で情報を提供することが出来るかどうかが、運命の分かれ目という感じになりそうです。

発言をするだけで、以下の項目に注意が必要そうです。

・短く簡潔に話す
・論理的にわかりやすく話す
・カメラ目線で話す
・画面サイズに合ったジェスチャーをする
・声の高低差で相手を引きつける
・相手を飽きさせない・疲れさせない
・表情以外で相手の興味や理解を読み取る
・相手の話を邪魔せずに聞く
・タイミングよく発言する

【オンラインでの「伝え方」 ココが違います!】より一部抜粋

また、参加するだけの場合も気をつけるポイントがあります。
それは、自分の見え方と発言について。

映像枠を変えて見ることで、疲労緩和にも役立つようです。
意外にも、音声のみの方が集中するので、情報を正確に把握出来るとか。

実際に参加したセミナーでも、特に問題なければ私も映像枠や音声の切り替えは、時々していました。
確かに疲れ方が違うような気がしています。

主催者が最初にすべきことは、3つあるそうです。

細かな気遣いがあることで、参加者に安心して参加してもらえます。
事前にいろんな準備もあり、場合によってはチームで役割分担も必要そうです。

具体的なチェック項目は、本書に一覧が掲載されているので、気になる方は本書をぜひ手にとっていただきたいです。

2.私の心に響いたところ

全編に渡って、とても読むやすく解説もわかりやすいのですが、特にこの本を読んで良いなぁと思ったのは、元キャスターならではの目線です。

有名人のスピーチや、動画について、どんなところが良いのかが具体的に解説されています。

実際に例に挙げられている有名人は・・・。

  • オリエンタルラジオ 教育系Youtuber 中田敦彦さん
  • 経営者YouTuberマコなり社長さん
  • 小池都知事
  • ドイツ メルケル首相
  • ANA 平子社長
  • イギリス ジョンソン首相
  • イギリス エリザベス女王
  • 安倍元首相  他

同じことを言いたいとしても、画面越しにどのように見せ、相手によって言葉や表現の方法を変える。
すると、どんな効果があるかが、分かりやすく解説されています。

今まで考えたことのない視点だったので、なるほど〜が大きかったです。
ポイントとしては、以下の8つのようです。

・相手に合わせて言い方を変える
・あえて言葉にする
・お願いではなく、「約束」する
・プライベートの「弱さ」を見せる
・未来を予言する
・「共通の成功体験」を語る
・定義する
・数字・データを入れる

【オンラインでの「伝え方」 ココが違います!】より一部抜粋

3.この本を読んでみての感想

コロナ以降、リアルの代替手段としてオンラインを当たり前にしていました。
しかし、オンラインではどこまで伝わっているのかや、コミュニケーションの難しさなど、課題も感じていました。

この本を読んでみると、事前の工夫や、参加者の心身の負担の軽減を考えるなど、改善の余地があることが分かりました。

思った以上に広範囲に書かれていたので、いろいろと本書の内容が役に立ちそうに感じました。

本のご紹介

矢野 香さん著の【オンラインでの「伝え方」 ココが違います!】。
Amazonや楽天ブックスでチェックしたい方は、以下からどうぞ。

【Amazon】

オンラインでの「伝え方」 ココが違います!

新品価格
¥1,540から
(2021/2/7 23:27時点)

【楽天ブックス】

オンラインでの「伝え方」 ココが違います! [ 矢野香 ]

価格:1,540円
(2021/2/7 23:27時点)
感想(0件)

ABOUT ME
motoshige
Resound Web Lab 代表。 福岡県北九州市在住。 オンラインで、Web制作サポート・運営指導、女性の起業支援、カウンセリングをしています。 お客さま「らしさ」を引き出し、人とひと・人とモノを繋げていきます。 このサイトでは、私の心に響いた書籍の紹介をしてます。