書籍紹介

【読書録】「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む

2020年12月22日から「風の時代」に入ったという。
それは、占星術に詳しくない人の言葉からも「風の時代」というキーワードが飛び出してくる。

では、「風の時代」とは?!
そして、その「風の時代」に乗って生きていくには?

今回、yuji さん著の【「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む】という本を読んでみました。

この記事の目次

  1. この本の概要
  2. 私の心に響いたところ
  3. この本を読んでみての感想

1.この本の概要

  • 【著者】yuji
  • 【発売日】2020年11月18日
  • 【出版社】講談社
  • 【単行本】240ページ

【「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む】の内容をざっくり、引用も含めながらご紹介したいと思います。

まず、「風」の時代をyuji さんは以下のように説明しています。

星の導くところによると、これからの世、つなりafterコロナの世界/風の時代とは”知性・情報・繋がり・思考”にスポットライトが当たる時代であると言われています。

物質の世界の学びを終えて、新たな時代に足を踏み入れる私たちに求められる感受性とそれを表現していく知性を磨くことです。

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む より一部引用

残念ながら時計の針は元に戻りません。

なぜなら、今は占星術的にいうところのミューテーションというものが起きるところであり、時代の大きな切り替わりのタイミングを迎えていくからです。

(中略)

私たちが今いるのはちょうどこの時代の節目。18世紀末の産業革命を端を発した土の時代が、2020年に終わり、次の時代である風の時代へと移り変わる貴重な時を今、私たちは迎えているのです。

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む より一部引用

このような時代の切り替わりのポイントに今、私たちがいて、新しい時代「風」に対応していくことが必要になってきます。

そこで、これまでの時代の要素(火、土、風、水)が変わった時、過去にどのようなことが起きたのかを振り返り、さらにこれからの考え方をわかりやすく解説されています。

本書に書かれている内容

かなり広範囲に渡って説明されているので、占星術を知らない人でも「風」の時代が理解できます。

「風」の時代に、自分を最適化する方法や、自分の星座によるメッセージなど、興味深い内容になっています。

  • 風の時代のキーワード(働き方、経済、職能など)
  • 風の時代に自分を最適化する方法
  • 風の時代の生き方(人間関係、恋愛・結婚、仕事、お金、消費、居場所)
  • [12星座別]新時代の波に乗る方法

2.私の心に響いたところ

この本の中で、特に私の心に残った部分は・・・。

そういった安定した日々が続くと、人々は外ばかりに目を向けることをやめ、”内側に目を向ける”ようになります。

(中略)

そしてその延長上にあるのはきっとマズローの法則でいうところの4つめ、5つめの段階(最後とその手前)の承認欲求と自己実現欲求といわれるものではないでしょうか。

社会における安定したものを得た先にあるもの。それは、「より私らしくあること」、なのです。

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む より一部引用

水瓶座のキーワードは”独自性・博愛・インターネット”。風の扉が開いた、それ以降の世界は”I”、つまり自分の色・個性を出していくことで、世界に散らばる同士たちと繋がり、お互いにリスペクトし、協奏し合う世界になっていくように思えます。

またお互い凸凹を埋め合うようなネットワークの広がりが一層加速し、餅は餅屋的な助け合い・相互扶助が当たり前に起こる時代になっていくのではないでしょうか。

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む より一部引用

これまでは、周囲に”合わせる”ということが大事だったように思えます。
日本人のこれまでの”当たり前”な考え方で、自分を抑えることが美徳なような部分もあったように思えます。

だからこそ、「個性」を出すということ、「自分」が本当にしたいことよりも、「誰か」に決められたことを文句を言わずにすることが当たり前になっていた・・・。

その時の権力者に従っていれば、「安定」。そこは「土」の時代的な考え方だったなぁと改めて思いました。
そんな「安定」を超えて、より「自由」に「自分らしく」生きる。
一人ひとり違う個性を出して生きていける時代がやってきました。

この本を読んで、私は自分の感覚が「風・水瓶座」のものだったんだと実感しました。

3.この本を読んでみての感想

私は、太陽星座も月星座も水星も、水瓶座。
同じ風の星座の、天秤座や双子座が3つあります。
10天体のうち、6つが「風」の星座。

完全に「風」の人です。

私の感じていること、やっていることが、yujiさんの解説によって、どこか答え合わせをしているようで、面白かったです。
「これでいいんだ!」と背中を押してもらえたような気分です。


私がオリジナリティのある心を込めた情報発信を提供する理由も、この本を読んでなんとなく理解できました。


「土」の時代もいろいろな体験ができ、それなりに面白かったけど、「風」の時代は更にワクワクする要素がたくさんありそうです!


これからの時代の風に乗る!
そう思う方に、オススメしたい本です。

本のご紹介

yuji さん著の【「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む】。Amazonや楽天ブックスでチェックしたい方は、以下からどうぞ。

【Amazon】

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む

新品価格
¥1,265から
(2020/12/31 22:33時点)

【楽天ブックス】

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む [ yuji ]

価格:1,540円
(2020/12/31 22:36時点)

ABOUT ME
motoshige
Resound Web Lab 代表。 福岡県北九州市在住。 オンラインで、Web制作サポート・運営指導、女性の起業支援、カウンセリングをしています。 お客さま「らしさ」を引き出し、人とひと・人とモノを繋げていきます。 このサイトでは、私の心に響いた書籍の紹介をしてます。