toggle
2017-06-05

「1日集中・マヤ暦ライフナビゲート運命鑑定講座」を受講しました

最近、何気に「マヤ暦」という言葉を聞くようになり、それがどんなものなのか?とても気になったので、講座を受講してみました。

私が感じた「マヤ暦」の印象と、その少し前に学んだ「はづき数秘術」との違い等をまとめてみます。

※私が個人的に感じたままに書いているので、感じ方は人によって違うと思います。




【開催日】2017年6月4(日)10時15分~18時
【講師】一般社団法人 日本マヤ暦セラピスト協会 MASAYUKI氏

このページの目次


「マヤ暦占星術」とは

古代マヤ(約4,5千年前のメキシコのグアテマラ、ベリーズ、ホンデュラス周辺で栄えた文明)で使われていたカレンダー(ツォルキン)を現代風にアレンジして、その人の個性や今生の目的、相性の良い相手、人生サイクルなどを鑑定することができるものです。

割り出されるものは、「KIN(ソウルナンバー)」、「太陽の紋章(顕在意識)」、「ウェイブ・スペル(潜在意識)」、「銀河の音」です。
独特な専門用語「KIN」などの言葉がたくさん出てくるので、ちょっと不思議な感じがします。


「1日集中・マヤ暦ライフナビゲート運命鑑定講座」内容

一般社団法人 日本マヤ暦セラピスト協会のサイトよりカリキュラムを抜粋してみると、以下のような内容となります。

  • 【1章】マヤ暦占星術(Mayan Astrology)とは?
  • 【2章】20の紋章と銀河の音の基本特性&人生の目的と使命と才能
  • 【3章】基本的な相関関係「5つのルール」
  • 【4章】260通りあるKIN(ソウルナンバー)の算出方法
  • 【5章】人生(運勢)のサイクル起承転結の流れ
  • 【6章】銀座の兄による公開鑑定

朝から夕方まで時間ぎっしりな内容なので、お昼休み以外はノンストップです。

【6章】銀座の兄による公開鑑定は、密かに楽しみにしていましたが、単純に質疑応答的な感じでした。

電話やSkypeで後日、希望者だけ個人鑑定してくれるようです。
さすがに講座内では内容が濃いすぎてそこまでの時間的ゆとりは無い状態なので、実際に見てみたい場合は更に上級講座の受講が必要なのかも?と思いました。


「マヤ暦占星術」と「はづき数秘術」の違い

私が学んだ「マヤ暦占星術」と「はづき数秘術」を個人的な印象で比較すると、以下のような感じになりました。


「はづき数秘術」

  • 生年月日の数字を足し算するだけで良いので、算出方法はとてもカンタン
  • 「1」~「9」までと「11」「22」「33」という数字のみで1200通りの組み合わせで、個性や人生のサイクルを鑑定
  • 1つのサイクルが9×9で81年。全く同じ年というものがありません
  • 「宿命数」「運命数」「使命数」と、時期によってその人に影響を及ぼす数字が変わることで、一生のうちにその人や周囲の人との関係性も変化する
  • 人だけでなく、電話番号や部屋番号など数字の要素は全て鑑定可能


「マヤ暦占星術」

  • 生年月日を早見表を見ながら数字を算出した後に、ツォルキン表から該当する「20の紋章」「13の銀河の音」を割り出します
  • 「20の紋章」「13の銀河の音」「260通りのKIN」と、いう多様な組み合わせで、個性や人生のサイクルを鑑定
  • サイクルは52年で一巡します。(52歳で還暦のような感じ)
  • 「ガイドキン」「類似キン」「神秘キン」「反対キン」などの関係で、周囲の人との関係を知ることができる


「マヤ暦占星術」は講座を受講し協会に属している人は、アプリを使ってすぐに割り出しをすることができます。

出てくる種類が多いので、覚えるまではちょっと難しく感じます。

感覚的には、「はづき数秘術」は客観的に見ることができるので「男女ともにオススメ」でき、「経営をされている方」は特に良さそうな話を聞きます。
人だけなく電話番号や部屋番号などの要素まで数字で読み取れるので、何かを始めたいときに欲しいイメージに応じて意図的に数字を決めることができる点も、利点だと思います。

「マヤ暦占星術」は、出てくるものが多く占い要素が強い印象なので、どちらかというと「占い好きの女性」向きなイメージです。
結婚相手など特定の相手を深く知りたい場合など、有効だと思います。


今回、2つを比較をしてみましたが、どちらが良くてどちらが悪いというものはないです。
知りたいことに対するメッセージの受け取り方の違いなので、ここは好みと感じ方で選んで良いと思います。


「1日集中・マヤ暦ライフナビゲート運命鑑定講座」の感想

本当に1日があっという間に感じました。
一緒に受講された方とのお話も、短い時間でしたが楽しかったです。

紋章やKIN、音など、出てくる要素が多いので自分のを覚えるのがやっと・・・な感じでしたが、「特定の人」だけにフォーカスして個性などを知りたい場合は、「マヤ暦占星術」は良いと思います。

自分の分を鑑定してみると、紋章・音は、何となく合っていると思いましたが、人生のサイクルはピンと来ませんでした。

知りたいと思う内容と相性が良い鑑定方法や、鑑定者との相性、さまざまな要因で「自分に合う、合わない」というものはあるのでしょう。
そういう面で、自分にその時に必要なもの(メッセージ)を見つけるというのは、先々の人生設計で必要なのかも?と感じました。


これからもいろいろ経験を重ねる中で、チョイスの仕方など私なりに探ってみたいと思います。
そこで得たものを、鑑定や講座、このブログなどでシェアしていきたいです。


※「はづき数秘術」は、私が認定講師となりましたので「入門講座」「マスターコース」までは、随時開講可能です。


良かったらシェアをお願いします^^
「元氣にな~れ」Line

イベントや講座などの情報をお知らせします。

Lineで、気軽に1対1でちょっとしたお問い合わせができます。


Line

↑ ↑ 
「数秘術で読み解きたい有名人」を募集します!(Line企画)

2019年8月8日(木)~より開始します!


<広告>
関連記事